玄倉川水難事故を見て思うこと

日本でも東北以外は梅雨入りしました。
梅雨が明けると本格的な夏に入り、休日にはBBQやキャンプなど仲間とアウトドアに勤しむ人も少なくないと思います。


自分も、暑く人も虫も多い夏は冬に比べてキャンプの回数は少ないものの、アウトドア全般を趣味に持ってますので夏は水遊びと称してはカナディアンカヌーやら釣りやらに勤しむ回数は自然と多くなります。

休職してからは金銭的にも精神・体力的にもなかなか行けてなくどこか寂しさもありますけど(笑)



アウトドア・・・というか自然の中では仕事、学業など日常生活から解放され、何よりスマホ・インターネット(自分大好きですけど)・SNSなんかに縛られない、原始的な解放感は現代では「非日常」的な感じが何よりの魅力なんでしょうか。



今日はこれからそういった時間を過ごす機会が多くなる前に、自分自身への戒めとして標記の件を書き記しておきたいと思います。



玄倉川水難事故とは、1999年8月13日より玄倉川の中州でキャンプをしていた横浜市内の廃棄物処理会社に勤める男性社員たち、子供6人を含む彼らの家族、さらに社員の婚約者・女友達を含む18人が、翌日の熱帯低気圧の大雨による増水によって流され、社員5名と妻2名、1歳から9歳の子供4名、社員が連れてきた女性2名を含む計13名が死亡した水難事故。(wikipediaより)

詳しい事は調べるとたくさん出てきますので経緯等を詳しくは書きません。



この事件を知って真っ先に思う事ってなんでしょう?



大体が「忠告を聞き入れなかったご一行が悪いんだ」とか「避難するまでダム放流を待てば良かった」とか「もっとはやく救助出来ただろう」とかだと思います。

自分も「忠告を聞き入れず暴言まで吐いた一行が悪いし、自己責任」と思いました。

でも自分はその前に思うことがあって、そもそも誰が悪いだとかどうとかって話は全て「社会の枠の中での話」だと思うんです。



自分たちは常日頃、社会の枠の中で善を律し悪を罰する法律やルールに守られて生きているんです。



守られる代わりに自分たちもそれを守らなければいけない。
それをしない出来ない?まぁわかりませんけど、枠の外で独自の任侠世界で生きている人たちはその前提から外れるから「反社会勢力」なんて言われるんですね。

自分が休職して仕事をしていなくても何とか生きているのも、会社をクビにならないのもルールに守られてるから。ただ、休職するまでもしてからも枠の中でルールは守っているので守ってもらえる。
これがちっとも言うことを聞かないルールも全く守れない人間ならすぐクビになってます(笑)



話がそれましたが・・・

結局、自分たち人間は社会の枠という「日常」に守られて生きているんです。でも自然相手にはそうじゃなくて、法律やルールもなくて誰も守ってくれないんです。

野生動物だって群れに居る限りは仲間が守ってくれるけど群れの掟が守れなければ居れないだろうし、逆に群れない一匹狼的動物は他者に対してルール無用である代わりに誰も守ってくれない。



アウトドアという自然を相手にした「非日常」も一緒。ハメを外せばしっぺ返しが必ず来るし、自分自身も敵になる。
守ってくれる枠が無いということは、自分自身を律して冷静に判断する能力が無いと死あるのみだし一度行動すれば結果はどうであれ本当の意味で全て自分の責任になる。

無論、社会でも自分が行動した結果は自分の責任になるが、幾らかは社会の枠が守ってくれる。自然相手にはそれがまったく無いと考えてください。



これが自然の摂理であり、アウトドアで安全に楽しく過ごせるか、死んでしまうかの分かれ道なんです。



だから「忠告を聞き入れなかったご一行が悪いんだ」とか「避難するまでダム放流を待てば良かった」とか「もっとはやく救助出来ただろう」みたいな自然の中での話を社会の枠の中で判断するのはハッキリ言ってお門違いだし、そういう考え方を持った人は間違いなくいつか自然を甘く見て死ぬんだろうなと思う。




結局、生死の分かれ道を自分で選んで歩いてった結果でしかない。誰が悪いということもなく、自然の中では結果は全て自分の責任。



だからこそ、自然を相手に自分を律し自分に責任を持てない人間はアウトドア趣味を持つべきではない。




なんてことを思ったのでした。


・・・今年も無事故で楽しく遊べると良いけど。
スポンサーサイト
[ 2018/06/08 13:47 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

精神的に余裕が出てきたので更新する

めっちゃ久しぶりに更新。

多分誰も見てないであろうこのブログ・・・。
25年しか経ってない人生でも色々あるもんで、最後に更新してからの出来事ですが仕事に忙殺され心身共にボロボロになるまで追い込まれ、現在休職中。

ボロボロになる前の状態に戻るのはボロボロになる以上に時間がかかりますが、半年ほど無意味な時間を費やし人並みに立ち直るスタートラインにようやく戻ってこれたので日々の雑記としてまた更新でもしようかと。

まぁそういう決意の表れじゃないけど、無意味に時間を過ごすよりは気力を奮い立たせる意味でも自分がどういう時間を過ごしてきたか後々の人生で振り返る意味でもブログって良いかな、なんて思って。日記でもいいけど誰かに見られてるかもって思う方が更新する気になれるかもしれないし。

とりあえず余裕が出てゲームなんぞしてたり、外に出るようになったり徐々に(文字通り)廃人から休職(求職ではない)中の身に上がってこれたし、また色々と書いていきますので、よろしく。
[ 2018/05/13 20:33 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

あけおめ!2015年。

あけましておめでとうございます!

果たして、昔からの知り合いで何人がこのブログを覚えているのか。


今年はさらに忙しくなる予感だが、

今年は・・・


仕事に負けないくらいいっぱいあそぶぞおおおおお
[ 2015/01/26 04:14 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

残暑見舞い申し上げます?

転勤して1ヶ月。
生活がガラリと変わり、大変ではあったが少しは慣れてきたかな?

オンラインゲームをやる時間がなくなり、毎日仕事が朝早い夜遅いで立派な社蓄の仲間入り。

まぁでも憧れていた所長の下で働けて、同じ会社でも今までとはまったく畑の違う仕事ということで
忙しくても日々新鮮な思いをしながら頑張っております。

ココを見てくれている知り合い(ほぼゲームつながりだと思います)には
関係が関係だけに、近況報告をしなくなったまま事実上姿を消した状態になってしまっていると思います。

まぁ心配されるほどの事でもありませんが、一応元気にやっております。
週末はこうしてパソコンに触ってブログを書いたり、ゲームをする時間も少なからずあります。

もう少し、仕事に慣れて上手く回せるようになれば、また前のように一緒に楽しんだり出来るようになると思います。
その時が来たら、また以前の様に皆さん私の我がままに付き合っていただけたらと思います。

以上。
[ 2014/09/14 05:06 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

仕事のことですが・・・。

なんと!転勤決まりました!!


次は福島県いわき市です。
プラント管理職として3年半、少々飽きが慣れが出てきたと思う今日この頃。
うちの会社は商社なので基本営業職で製造管理にまわされるのはホンのひとにぎりの物好きか営業不適格者くらいのものです。

個人的には営業なんてめんどくさい超絶ブラック職くそくらえなんですが。
出世するのは営業のほうが圧倒的にはやい!!

出世=俺がNo1=命令されない というプライドの高さと
出世=給料上がる=遊べる   という謎理論で

なんとなく営業職に手を上げたとたん左遷転勤ですわ。

・・・夜勤手当消えるので給料下がる罠が待ってるとも知らずにね。


まぁー仕事を楽しめばなんとでもなるし、それくらい出来る人間だと思ってるから割と楽観的かも。
ただ、8月4日引越し予定なのにRSばかりやってて全然引越し作業進んでませんけども・・・orz



と、とりあえずそういうことで最近忙しい。
[ 2014/07/27 18:13 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)